TKOMINE.COM (Absorbing Studio LLC, Los Angeles)

ロサンゼルスに住むゲームと音楽が好きな厨二おっさんニコ厨ボカロ廃親バカDTMerのメモ帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【初音ミクAppend】あの子がボクを怖がりません【オリジナル】



HAPPY HALLOWEEN!!

Trick or die?

イラスト: ゆうき刻兎さん →http://piapro.jp/crisis06
お借りしました、素敵なイラストありがとうございます!

作詞: Moca
作曲: うたたP →mylist/3321393

新曲です!たまにはダンス系ハロウィーンソングもいいかなって思って!
苦手じゃなかったら聴いてみて下さいね!

っていうか、Mocaさん、ガチで怖い詞はやめて下さい・・・、
夜中の作業がはかどりません (((´A`;)))


------------歌詞------------

隠れたり、浮かんだり、あの子だけ平気なの。
叫んだり、怒ったり、あの子だけ陽気なの。
背後から忍び寄る、あの子だけ気がつくの。
怖い顔、高い声、あの子だけ笑顔なの。

何でなの?怖くない?ボクにだけ平気なの?
聞こえるの?話せるの?ボクにだけ笑顔なの?
知ってるの?オトモダチ?キミはダレ?ボクはダレ?
ああそうか、忘れてた。 なぜボクを殺したの?

何でなの?何でなの?何でなの?何でなの!

行きたいの?ズルイよね、キミだけが平気なの。
あきらめて?ダメだよね、キミだけが笑顔なの。
さようなら、こんにちは。キミだけを連れてくよ。
ああそうか、忘れてた、これでボク、生き返る。


------------10/25 追記-----------
「あの子がボクを怖がりません」のコメントマイリス、ありがとうございます!
じっくり聴いてくれた人にはもう想像ついてるかと思いますが、
Mocaさんからもらった世界観を少々。
これを読んでから聴くともっと面白いかも。


「あの子がボクを怖がりません」 ストーリー

 Trick or Treat?
ワイワイ楽しいハロウィーン。
実は仮装した子供達に混ざって、
本物のお化けがオモシロ半分にイタズラしていた!

 毎年の様にイタズラをして楽しむ本物のお化け。
偶然訪れた一軒、お菓子を渡す大人の後ろで隠れながらも笑顔の子供。
あの子、おかしい、あの子だけまったく怖がらない。
オカシイ、こんなの事は今までなかったのに。
もしかして見えるの?戸惑う本物のお化け。
なんでだろう?あれ?この子のコト知ってる?
忘れてた記憶が少しずつ蘇る。

「そうだ、このコ、ボクのことをころしたんだった。」

 人を殺めた人間を連れて帰れば蘇る。
それはやってはいけない禁断の秘術。
だからあの世の偉いヒトに記憶を・・・。
殆どの場合は記憶が蘇らない。
しかし自分を殺した本人を目の前にするとまれに強い想いからその記憶が蘇ってしまう。

「何でなの?何でなの?何でなの?何でなの!」

蘇る憎しみと怒り。
つりあがる目、裂けそうなくらい大きくなる口、こみあげる怒りに震えている。
しかし、その恐ろしい顔が突然笑顔に変わった。

「これでボク、生き返る」

そう、あの怖がらないあの子は殺人者の生まれ変わり。
禁断の秘術で生き返った殺人者。

Trick or Treat? no, Trick or die.

 楽しいはずのハロウィーン、実は殺人者達が生き返ろうと、
生まれ変わった殺人者を発見する為に各家を巡っていたのだ。
殺人を犯せば永遠に殺しそして殺される不のローテーションに陥ってしまうのである。

だから、良い子のみんなは人殺しなんか考えちゃダメだぞ☆


うん、ダメ、ゼッタイ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tkomine.blog125.fc2.com/tb.php/649-40e62f71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。